抱っこ紐の選び方
2017.04.26

寝ている赤ちゃんベビーカーは非常に便利なアイテムということは間違いありません。
しかし、時と場合によっては、周りに迷惑を掛けてしまうため、使うことができないことも。
そこで重宝するのが「抱っこ紐」です。
抱っこ紐も、ベビーカーと同様に多くの種類があるため、選ぶときに迷ってしまいます。
ということで、抱っこ紐の選び方について紹介をしていきます。

■「赤ちゃん」を第一に考えて抱っこ紐を選ぶ

昨今、抱っこ紐も非常に多く種類が販売されています。
超有名なメーカーだったり、ここでも何回か登場したベビービョルンからも発売されています。
そして選ぶとき、ついついその「かっこよさ」「可愛さ」からどうしてもデザイン重視になってしまうことが。
これも1つの選び方ですが、忘れてはならいのが「赤ちゃんのために購入する」ということ。
基本的な部分を忘れてしまうことが多いため、選ぶときは、まずこれを念頭に置くことから始めるのが重要です。

■1人で簡単に装着することが可能か?

今の抱っこ紐は、0ヶ月から利用することが可能というものが増えてきました。
(中には3ヶ月~などもあるため、いつから利用するのか?も念頭にチェックしていくことが重要です)
したがって、基本的にはどれでもよいのですが…「1人で装着しやすい抱っこ紐か?」を重視して選んでいくとよいです。
常に配偶者が隣にいれば、付けてもらうことができるためよいのですが…1人で装着をしないといけない場面が多くあるものです。。
そして、メーカーによって「1人で装着しやすい」「装着しにくい」という特徴が顕著にでます。
選ぶときは、実物を手にとって、1人で装着する「試着」をするようにするとよいです。
意外と蔑ろにされてしまう部分のため、しっかりと見極めていきましょう。

■男性が恥ずかしがらないデザインも重要

赤ちゃんが第一、そして自分自身のことを考える。
これが大前提として、もう1つ考慮しておきたいことがあります。
それが「男性でも恥ずかしがらず装着することができるデザインか?」というもの。
時として男性に抱っこをして貰いたいときがあります。
このとき、男性が嫌うようなデザインの場合は、抱っこを断られてしまう可能性が。
これでは女性としては「そんなこと気にしないで欲しい」と感じるかもしれませんが…。
男性としては「男としてダサい」というプライドが邪魔してしまうこともあるわけです。
であれば、抵抗なく装着することができるデザインにしておけば、こういったリスクを回避できるため、一考する価値があります。

▲ ページトップへ